ハイボールは太らない?

「今ダイエット中だからビールじゃなくてハイボールで!」最近お酒の席でよく聞くフレーズです。

私の義理の父もいつもビールで乾杯した後はひたすらハイボールを飲み続けています・・・。“ハイボールは無敵!!”みたいな雰囲気すらありますが、果たしてハイボールは本当に太らないのでしょうか?

 

そもそもハイボールって何?

まずハイボールとは一般的にウイスキーのソーダ割りの事を指します。そしてこのハイボールが太らないと言われている根拠は「糖質をほとんど含まない」為です。「糖質を含まない食品は太らない」という考え方は、近年流行っている糖質制限ダイエットの考え方ですね。一般的に焼酎やウイスキー、ウォッカ、ブランデーは「蒸留酒」に分類され、基本的には糖質が含まれません。

本当にハイボールはいくら飲んでも太らない?

お酒のアルコールは1gあたり7kcalと高カロリー。飲み過ぎると脂肪に変換され、内臓脂肪が増えてしまいます。蒸留酒は確かにアルコール以外のカロリー源をほぼ含みません。「アルコールはエンプティ(空っぽ)カロリーであるため脂肪にならない」という説から蒸留酒は太らないという説が広まったそうですが、この「アルコールは脂肪にならない」は実は正しいとはいえません。

 
 

ハイボールでも太る!

まず先ほども触れたように、アルコールにもしっかりとカロリーがあります。「アルコールのカロリーは飲んだら速やかにエネルギーとして使われるから脂肪にならない」ともいわれますが、アルコールが使われている間は糖質や脂質が使われなくなるため、しっかりとカロリーにカウントされます。また、「アルコールのカロリーはすべて熱になる」ともいわれますが、実際熱になるのは20%に過ぎません。さらに、多量に摂取したアルコールの一部は中性脂肪に変わります。だからアルコール多飲者はこれが肝臓に蓄積して脂肪肝になる人が多いのです。

まとめ

確かにハイボールは糖質などによるその他のカロリー源がないぶん、ビールと比較すると3割ほどカロリーオフにはなります。だからといってたくさん飲んだのでは元も子もありません。好きなお酒をゆっくり味わって量を減らす方が、ストレスがなく、ダイエットには効果的かもしれません。「食べすぎた!飲みすぎた!」と思ったら、24時間以内に調整すれば脂肪になりづらいというデータもあります。人生を楽しむためにも、食べすぎたり飲みすぎたりしたら他の食事で調整する。定期的な運動でエネルギーを消費しやすい体にしておくというのがやはり王道なのかなと思います。

 

Contact

理想のカラダへの第一歩

ボディデザインではご入会いただく前に体験トレーニングを受けていただく事ができます。ご希望の体験日時を第2希望までご記入いただけましたら幸いです。また、お客さまからの無料相談も受け付けております。

ご不明点やご質問などお気軽に以下からご連絡ください。

お電話でお問い合わせ

047-481-8837

LINEでお問い合わせ

友だち追加

24時間365日受付

必須

(例:山田 太郎)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須
任意

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

営業時間
火~金曜日9時~22時
月・土・日曜日9時~18時
休館日
祝日

お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
047-481-8837

ごあいさつ

菅原一樹

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ